どうにか貧乏家族の第10話のあらすじと見所と実践機種

どうにか貧乏家族の第10話のあらすじ、見所、実践機種等を紹介します。

どうにか貧乏家族第10話のあらすじ

前半戦を終えて、収支は、

親父がプラマイ、0。

長男が、マイナス1千枚。

おもち君が、マイナス1050枚。

クリが、マイナス2800枚。

となり、大雑把に計算すると、マイナス5千枚。

今まで実践してきた中で最大のマイナス収支をたたき出している状況。

この後どうなってしまうのか?最大のマイナス収支をいくら戻せるのか?

家族全員が、それぞれ得意の立ち回りで頑張ります。

 

この回の見所は、ハゲの誕生日。

皆でハゲを歌で祝います。

その後おもち君が用意していた誕生日プレゼントを渡し、

親父が、皆で出玉をプレゼントしようと、家族の指揮を高めます。

<実戦ホール>メガガイア美浜店

どうにか貧乏家族第10話の実践機種

ぱちんこCR北斗の拳7 転生/木村魚拓さん
ぱちスロ ウルトラセブン/伊藤真一さん

ミリオンゴッド-神々の凱旋/くりさん

CRF戦姫絶唱シンフォギア/おもちくん

木村魚拓さんはパチンコの北斗の拳7に台移動。おもち君は、得意のCRF戦姫絶唱シンフォギアに移動。長男はミリオンゴッド神々の凱旋を打っていましたが、天井からループに入らず、ぱちスロ ウルトラセブンに移動。クリさんは、引き続きミリオンゴッド神々の凱旋で勝負します。

それぞれが緊張感を持ち、勝てると思われる機種で実践。

果たして結果はどうなるのか?必見です。